MRT地下鉄の乗り方や料金のご紹介です。タイ・バンコク観光旅行情報満載bkkzoom.com!!

MRTの詳しい乗り方と料金

MRTには基本的に時刻表はなく、すべて各駅に止まります。北東地域をカバーし、王宮やカオサン方面へタクシーで行く際は、フアラムポーン駅までMRTで行くと最も近いです。日中と土日休日は4~6分間隔、ラッシュ時2~4分間となっています。また、改札より中では飲食は禁止です。改札の前に必ずゴミ箱が設置してあります。

バンコク路線図を見る

バンコク交通事情

BTSの詳しい乗り方

ARLの詳しい乗り方と料金

MRTの乗り方

  • まず、駅に入る前に金属探知機のゲートをくぐります。ブザーが鳴ったら警備員がバッグの中身をチェックしますが、自分で開き、パッと見せるだけでOKです。MRTは地下鉄なので、エスカレーターで下まで降りていきます。屋外にあるBTSに比べ、地下にあるMRTの構内は照明など少々くらいイメージかもしれません。
  • 金属探知機 警備員がセキュリティチエック
  • 改札付近にある青色の券売機を探します。お札も使用可能です。券売機の操作はタッチパネル式です。まずは英語に切り替えてから操作するといいでしょう。
  • 青色の券売機を探そう 券売機 タッチパネル式
  • 行きたい駅を押し、表示された料金を支払います。20B、50B、100B札の使用が可能です。
  • 20B50B100B札が使用可能
  • 使用する券は、日本ともBTSとも異なり、トークンと呼ばれる黒く丸い磁気式コインです。文字やイラストもなく、一見何の変哲もないプラスチックのようですが、中にICチップが内蔵されています。日本と異なり、行先などの印字はありません。
  • トークン
  • 改札の所定の位置のこのトークンをあて、改札を通ります。あとは日本の地下鉄と同じです。1DAYパスなどのカードの場合も、同様です。
  • 改札 ICチップ内蔵でらくらく 1DAYパス
  • BTSとは異なり、両側が反対車線になっています。ドアは二重になっています。足もとの目印に従って待ちましょう。時刻表はなく、各駅停車です。車内は冷房が利いていて快適です。
  • MRT乗り場 地下鉄に乗る MRT車内
  • 改札口を出る時は、トークンを所定の投入口に入れます。カードの場合は当てるだけでOKです。
  • トークンは投入口へ

料金

料金は距離によって異なり15~40Bです。

  • 乗り放題パス
    1日乗り放題

    1DAYパス

    1日乗り放題のパス。120B。
    ※3DAY(230B)パスもあります。


運行時間

6:00(始発)~24:00(終電)
※24:00頃に運行が終了するということなので、どの駅へ行ってもこの時間までに行けば乗れるわけではありません。