BTSスカイトレインを使っての観光スポット巡りも楽しいですよ。タイ・バンコクの現地観光旅行情報満載 bkkzoom.com!!

BTSの詳しい乗り方と料金

BTSには基本的に時刻表はなく、すべて各駅に止まります。本数も多く、日中6分間隔、ラッシュ時3分間隔で運転されているので、比較的待たずに次の車両が来ます。また、改札より中では飲食は禁止です。改札の前に必ずゴミ箱が設置してあります。

バンコク路線図を見る

バンコク交通事情

MRTの詳しい乗り方

ARLの詳しい乗り方と料金

BTSの乗り方

  • 券売機は、お札(20B、50B、100B札)も使えるタイプと5Bと10B硬貨のみ利用できるもの2種類あります。硬貨がない場合や500B札以上しか持っていない場合は、改札横のカウンターで両替してもらいましょう。ここでは10Bへの両替が頻繁なため、お札を差し出すだけで理解してもらえる場合がほとんどです。
  • 改札横カウンター 500B以上なら両替を
  • まずは、硬貨しか使えないタイプの購入方法をご説明します。券売機の横にある路線図で行きたい駅を探し、ゾーン番号を調べます。ゾーンごとに料金が決まっています。
  • 硬貨専用券売機 路線図 ゾーン表示
  • 券売機でゾーン番号のボタンを押します。
  • 券売機で行き先を 行きたいゾーンを押す
  • 表示されている料金分の硬貨を投入すると、左下から乗車券が出てきます。日本と異なり、リサイクル式のプラスチック製カードなので、行先などの印字はありません。お釣りは右下から出てきます。
  • 表示された硬貨を投入 リサイクル式カードが発行されます お釣りもわすれずに
  • お札も使える券売機はMRTの券売機と似ています。まずはタッチパネルで英語に切り替えてから操作します。行き先を押し、 表示されている料金分のお金を支払うと右下から乗車券が出てきます。
  • お札対応券売機 タッチパネル式 タイバーツ紙幣をいれましょう
  • 後は日本の電車と同じように券を改札に通して駅構内へ入ります。ホームへ上がり、BTSが来るのを足元の矢印に従って並び、待ちます。基本的に時刻表はありません。改札を出るときは日本と同じで券は回収され出てきません。
  • 改札 ホーム 乗車

料金

料金はゾーン制になっており、現在地からの距離で区間が決まっています。子供の場合、身長が90cm未満の場合は無料になりますです。また、タイの「子供の日(1月の第2土曜日)」は、子どもの身長が140cm以下の場合は無料になります。券売機の横に身長の目安表があるので、参考にしてもいいでしょう。

  • 各ゾーン区間の料金
    ゾーン1区間 : 15B
    ゾーン2区間 : 20B
    ゾーン3区間 : 25B
    ゾーン4区間 : 30B
    ゾーン5区間 : 35B
    ゾーン6区間 : 40B
    乗り放題パス
    乗り放題パス

    1DAYパス

    1日乗り放題のパス。120B。普通の乗車券と似ていますが、この券は回収されずに戻ってきます。期限が切れた券は、駅構内にある回収ボックスに入れましょう。様々なデザインがあります。

    1日乗り放題パス

    スカイスマートパス

    プリペイド式のパスで、100B+デポジット30Bで購入ができます。その後は100Bずつチャージが可能です。デポジットは返金可能なので、帰国前に返金してもらうといいでしょう。

    チャージ式パス

    アダルトスマートパス

    回数制のパス。440Bで20回分、600Bで30回分、800Bで40回分の3種類。通勤で使う場合や、長期滞在する方向けです。何駅分乗っても一回分として計算されるので、ゾーン1(1区間)の場合は、普通に1区間分(15B)を買った方がお得です。


運行時間

6:00(始発)~24:00(終電)
※24:00頃に運行が終了するということなので、どの駅へ行ってもこの時間までに行けば乗れるわけではありません。