ヤワラート周辺情報ガイド、観光ツアーでお越しの皆様もヤワラート周辺を楽しんでみませんか?タイ旅行バンコク観光情報はbkkzoom.com!!

ヤワラート通り

ヤワラート周辺

バンコクのチャイナタウンと言えばココ、ヤワラート通り。その昔中国から人が移り住んで以来開発が進み、今日の姿になりました。また、かつてはカオサン通りのような安宿街として知られ、外国人も多く訪れていたそうです。フアランポーン駅の西側に位置し、駅からはタクシー、バス、トゥクトゥクなどでアクセス可能。ローカル感漂う市場や屋台が多く雑多な雰囲気で、朝から晩まで多くの人で賑わっています。その活気はバンコク都心部にも負けないくらいです。特に菜食主義祭りや中国正月の期間は街全体が盛大な祝福ムードに包まれ、普段以上に楽しめるでしょう。

ヤワラート周辺

もちろん車が多いですがトゥクトゥクモーターサイがたくさん走っていて、ちょっとレトロな雰囲気。街の標識や看板などもバンコク中心と少し違います

ヤワラート周辺

金行(金製品を売る店)が多く、デパート一棟金の店という所も。タイ人の中にはここヤワラートで金を買って資産の一部にする人もいるそうです。

ヤワラート周辺

毎年9~10月にかけて10日間ほど行われる菜食主義祭り(ジェー)の様子。黄色い旗を掲げているお店では肉はもちろん動物性原料を一切使わない料理を扱っています

ヤワラート周辺

ヤワラート名物!?の渋滞は都心に負けない車の多さ。平日の昼間からこの混みようはスゴイ。気軽に出かけるならモーターサイなどがベストかもしれません。

ヤワラート周辺

時価120億円ともいわれる黄金の仏像が発見された「ワットトライミット・ウィッタヤーラーム」。近年修理が終わって美しく生まれ変わりました

ヤワラート周辺

元華人の集まる由緒ある寺院「ワットマンコーンカマラワード」。いかにも中国らしい装飾や漢字の並ぶお堂など、とてもタイにいるとは思えません

ヤワラート周辺

ワットトライミットの中にある博物館「ヤワラート・チャイナタウン・歴史センター」も。バンコクにおける華人の歴史などをパネルなどでわかりやすく紹介

ヤワラート周辺

燕の巣やフカヒレなどの珍味も食べられるので、隠れたグルメの街としても人気。中にはわざわざバンコク外から足を運ぶ人もいるほどの名店もあります

ヤワラート周辺

東洋医学や手相について解説したポスターなどが売っていました。ユニークな市場も多いので、バンコク都心にはない興味深いものも見つかるかもしれません。

ヤワラート周辺

きらびやかな色・柄の中国風の置物やティーセットが手頃な値段でずらり。いかにも豚と間違えそうな金の招き猫はタイのお店にもよく置いてあります

エリアガイド